自然環境の保護に必要なダム

ダム建設と日本の工業の力

  • トップ /
  • ダム建設と日本の工業の力

工業の力で平穏な暮らしを実現

一時期、ダム建設について、非常に大きな批判の声がありました。自然破壊に繋がる、地域住民の平穏な暮らしを破壊している等、マスメディアが音頭を取る形でそういった世論が形成されていきました。ダム建設イコール危険な行為、とする見方が一時期は社会全体に広がりましたが、近年ではようやく日本国民に正しいダム建設の必要性が浸透しました。工業の国とも言われる日本ですが、その根幹を支えているのは、各地域の建設会社であり、その工業関係の技術力は世界一です。ダム建設といった非常に高度な工業技術も日本の建設会社とそのスタッフであれば、短期間で取り掛かれます。また費用対効果も抜群です。更に当然の事ですが、自然環境をいたずらに壊す事はありません。最小限の費用と地域の開発で、新規にダムを建設する事が出来ます。治水のため、災害対策のため、その建設工事は無くてはならないものです。特に日本列島のように地震災害や洪水が多い国では、工業の力を活用して治水と災害対策を定期的に施す必要があります。マスメディアの方は、公共的な建設工事自体を費用の無駄遣いとして画一的な批判を展開しますが、公共工事の多くが自然環境の保護と住民の平穏をむしろ守るために不可欠です。

↑PAGE TOP