工業用ダムを支える建設業者

工業用ダムの建設には多くの事業者が関与します。一般的に大規模な工事を受注するのはスーパ―ゼネコンと呼ばれる大手の建設会社です。さらに下請けとして様々な専門技術を有する企業が存在します。工場などで使用される水は一般家庭で使用されるものとは違い、消毒や殺菌などをする必要がありません。飲み水用としては使用できませんが、集合住宅のトイレなどに使用される例は存在します。スーパ―ゼネコンとは売上高が1兆円を超える業者のことで、工業用ダムなど大規模な工事を国や地方自治体から発注されます。新規に建設することもありますが、老朽化した施設の補修も重要な仕事です。日本の建設業は大手のゼネコンの下に多数の下請け会社や孫請け会社が存在する構造になっています。多数の企業が終結することで大規模な施設の建設が行われているのです。工場などを操業するためには水資源の確保が必要ですが、かつては地下水を汲み上げていたため地盤沈下が起こることもありました。河川を利用して使用される水を工場などに安定的に供給することは、日本経済にとって必要不可欠です。日本各地には様々な工業用ダムが存在しますが、それらは多くの建設業者が持つ専門的な技術力に支えられています。

↑PAGE TOP